ウォシュレットトイレの水漏れを修理する方法

ウォシュレットトイレの水漏れは各パーツの接合部分やノズル部分、タンクと給水ソケット周辺からポタポタと雫が落ちるような症状が多いです。ウォシュレットの場合は機械の故障の場合もあるので、自分で修理できるかの判断は慎重に行います。

■ウォシュレットトイレ水漏れの修理費用

消耗品の劣化なら、メーカーから部品を取り寄せ、自分で修理するので部品代だけで済みます。ただ、自分で修理できるかの見極めが難しいです。専用の修理工具をホームセンターで購入する必要もあり、電化製品の修理は短時間でできません。
専門業者に依頼すれば、基本料金が8千円程度です。事前に無料見積もりを行ってくれる業者が多いので、費用に納得してから依頼できます。下手に修理して水漏れ症状を悪化させるリスクもあるので、業者に依頼した方が安全です。


■ウォシュレットトイレ水漏れの修理手順

自分で水漏れの修理をする場合は、まず原因をチェックします。元栓の開き過ぎ、つなぎ目の緩み、パッキンなどの部品の劣化、ウォシュレット本体の水漏れなどです。元栓が開き過ぎているなら、締め直します。
つなぎ目の緩みも締め直して調整しますが、締め過ぎると圧力がかかるので注意します。劣化している部品は調達して交換します。トイレ本体から水漏れしている場合は故障が考えられるので、修理業者やメーカーに問い合わせます。




■まとめ
ウォシュレットトイレは温度や湿度、汚れに気をつけることで、水漏れを予防することができます。ドアを定期的に開放するなどして、トイレ内の換気に常に気を配り、掃除のときは本体やつなぎ目部分もきれいにしておきましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ