トイレの水漏れをボールタップ交換で修理する方法

トイレの水が止まらなくなる原因は、タンク内にあるボールタップの劣化が多いです。ボールタップは複数のパーツで構成されており、劣化しているパーツだけ交換することもできますが、他にも影響している可能性があるので、一式交換をおすすめします。

■トイレの水漏れの交換修理費用

ボールタップを交換する修理は本体だけでなく、工具も揃える必要があるので、持っていなければ購入する必要があります。ボールタップの価格は商品により、2千円から5千円程度です。
工具はモンキーレンチが千円程度、ウォーターポンプフライヤーが2千円程度で、あとはマイナスドライバーがあれば大丈夫です。全部合計して1万円以内で収まりますが、交換修理が上手くいかなければ、業者に来てもらうことになり、かえって割高になることもあります。


■トイレの水漏れの交換修理の方法

マイナスドライバーを使って止水栓を閉めます。タンクの蓋を開け、手洗い管が付いていれば、繋がっているホースを外します。タンクにナットで取り付けられているボールタップを、モンキーレンチを使って取り外します。
ボールタップが動かないように、ボールタップ側のナットを固定して作業します。取り付けは外すときと逆の手順で行います。固定用のパッキンを忘れずにはめてください。取り付けが終わったら止水栓を開け、水漏れしないか確認します。




■まとめ
トイレの水漏れでボールタップ交換をする場合、メーカーから正規品を取り寄せることもできますが、時間がかかります。汎用性のあるタイプならホームセンターで正規品より安く購入できます。自分で交換するのが難しいと感じた方は、修理業者に依頼するとすぐに交換してもらえます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ