トイレの水漏れが止まらない原因と対処法

レバーを元に戻しても、流した水がいつまでも流れ続けたり、トイレを使用してもいないのに水がチョロチョロ流れる音がしたりすることがあります。大きな水漏れではないからと、放置しておくと、後で高額な水道料金が請求されるかもしれません。

■止まらない水漏れはトイレタンクが原因

レバーを戻しても水漏れが止まらない原因の多くは、トイレタンクに問題があります。タンク内はいろいろなパーツが組み合わさり、タンクの水を貯めたり、流したりする構造になっています。パーツのどれか1つが外れるか、劣化や損傷をすると不具合を起こしてしまいます。
タンクにうまく水が貯められず、チョロチョロ流れたり、レバーを戻しても水が止まらなかったりする水漏れトラブルが起きてしまいます。タンク内にレンガやペットボトルなど異物を入れたことが原因で起きるケースもあります。


■トイレタンクの水漏れ点検をする

まず、止水栓を閉めて水漏れを止めた後、タンク内のパーツの動作を確認します。タンク内に水が貯まっていないときは、風船状の浮き球が外れていないか確認し、正しい位置に置きます。浮き球の根元のボールタップにゴミや水垢が付いていたら、きれいに掃除します。
ボールタップや排水弁を覆っているゴムフロートが劣化や損傷をしていたら、ホームセンターで購入して新品と交換してください。以上の点検をしてもトイレ 水漏れが解消しない場合、または自分で点検するのは不安がある場合は修理業者に連絡した方が良いでしょう。


■まとめ
トイレタンクの浮き球の高さを調整したり、ピストンバルブを交換したりすれば解消することがあります。また、長いチェーンの絡まりをほどくだけで解決する場合もあります。いずれにしてもタンク内をよく点検することが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ