トイレの便器からの水漏れ対処方法

トイレの水漏れが便器から発生している場合、タンクと便器のつなぎ目の不具合か、便器本体のひび割れが疑われます。つなぎ目の不具合はボルトを締めるか、部品の交換で解決することもあります。ただ、便器本体のひび割れは程度によっては、トイレの交換が必要になります。

■トイレの便器の水漏れ修理費用

トイレの水漏れがつなぎ目の部品交換で解決するなら、ボルトやパッキンの購入費用だけで済みます。トイレの交換をすることになると、業者に依頼しなくても修理費用は高額になります。便器本体の価格はメーカーによって異なり、10万円以下から数十万円まで様々です。
個人で便器本体を購入するより、業者経由の方が安く購入することが可能ですし、個人の工事は難易度が高いです。便器のタイプによっては新しく配管工事が必要になり、工事費はさらに高くなります。



■トイレの便器の水漏れ対処の仕方

業者に依頼する前に自分で対処するなら、手順があります。水漏れの原因がタンクと便器のつなぎ目か、便器本体なのかをチェックします。タンクと便器のつなぎ目なら、不具合を起こしているパーツを交換します。汎用性があるパーツならホームセンターで購入できます。
便器本体のひび割れの場合、傷が小さければ市販のパテで修理も可能ですが、応急処置でしかありません。止水栓を止めて、なるべく早く業者に連絡し、トイレの交換をしてもらうことをおすすめします。




■まとめ
トイレの交換が必要になるのは、床からの水漏れの場合もあります。その場合は便器と床の間から汚れた水が浸み出しています。トイレの交換は修理の範囲を超えて、リフォームに近い工事なので、専門業者に依頼するのが安心です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ