給水管からのトイレの水漏れ対処方法

給水管は止水栓からタンクやウォシュレットの便座を繋いでいます。給水管に不具合が起きるとトイレの水漏れが発生します。給水管からの水漏れは主に業者に水道 工事を依頼しますが、自分で対処できるケースもあります。

■給水管が原因のトイレの水漏れ修理費用

パッキン部分の経年劣化が原因の水漏れの場合、パッキンと工具の購入費用で修理できます。パッキンのサイズを確認するために給水管の直径を計るので、直径を計るノギスも必要です。ホームセンターで購入可能で、全部で数千円程度です。
給水管本体の交換が必要なときは、個人で修理するのは難しいです。水道 工事を依頼する場合、安い業者で基本料金が数千円くらいからあります。自分で修理する労力と手間を考えると、トイレの給水管の水漏れは水道 工事を依頼した方がお得な場合もあります。

■給水管が原因のトイレの水漏れ対処方法

自分で対処する場合の手順があります。多くはパッキン部分の劣化が原因で、10年経過したトイレに水漏れは発生しやすいです。パッキンは止水栓と、便器とタンクのつなぎ目の2ヶ所に使われています。
作業するときは止水栓を閉めて、水が漏れている箇所のナットをモンキーレンチなどで取り外し、新しいパッキンに交換します。後は逆の手順で固定し、止水栓を開けます。給水管自体が劣化している場合は、水道 工事が必要なので業者に依頼します。



■まとめ
トイレの給水管の水漏れの多くはパッキンの劣化によるものなので、原因がパッキン部分と分かれば、自分で対処して修理することが可能です。ただ、業者に依頼した方がスピーディーで確実に安全な修理をしてもらえます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ