トイレの水漏れの原因と対処法

トイレの水漏れの原因と対処法 水回りで起きるトラブルで、特にもっとも緊急性が高いのがトイレからの水漏れです。毎日、毎回大量の水を流すトイレで一旦水が漏れてしまうと、床から水があふれ出すことがあります。マンションなどの集合住宅に住んでいるなら、階下に被害を及ぼすことになり、しばらく使用できなくなります。
元通りに使用できるようにするためには、一刻も早く原因を突き止めなければなりません。原因はいろいろありますが、水漏れの状態によっては自分で対処、修理できる場合もあります。床や便器が水で濡れている場合は、便器のひび割れなど本体に原因があることもあり、その場合は業者に依頼してトイレの交換が必要になります。

■トイレの水漏れが起きる原因

原因は経年劣化による場合がほとんどです。タンクと便器、便器と給排水管、便器と床などの接合部分に使用されるパッキンが劣化していたり、損傷していたり、ネジが緩んでいる場合もあります。設置当時はしっかり固定されていても、年数と共にパーツが劣化してグラつき、小さな隙間から水が漏れてしまいます。
タンクはいつも水を大量に貯めている箇所なので、年数が経過するとタンクの中のパーツの位置がズレてしまったり、つなぎ目の部分が劣化して損傷したりというトラブルが起き、タンクが機能しなくなります。他にはウォシュレットの不具合によるもの、給水や配水管のつなぎ目部分の劣化によるもの、便器周辺の損傷によるものなどが主な原因と考えられます。

■トイレの水漏れを自分で修理する
水漏れの状態によっては自分で修理できることも可能です。その前に水道からタンクまでの水流を止めるため、止水栓を閉めます。止水栓を閉めても、水漏れが止まらないことがありますが、被害を大きくしないために必要な措置です。ウォシュレットの場合は、漏電が起きる恐れがあるのでコンセントを抜いてください。次に水が漏れている状態を確認します。
便器の外側に水が漏れておらず、中に流れているならタンク内の原因が考えられます。外側に漏れているなら、タンクや配管、便器を点検して場所を特定します。タンク内の問題は蓋を開けて、パーツの位置を確認し、緩みがあれば締め直し、劣化していれば交換します。配管や便器のひび割れが原因なら、トイレの交換が必要なので、業者に連絡します。

■トイレの水漏れ発生が多い箇所

水が漏れることがもっとも多いのがタンクで、その次はウォシュレットです。タンクには浮き玉やオーバーフロート弁などいろいろなパーツがあり、何かの振動で位置がズレると、不具合が生じます。そのため、位置を元に戻せばトラブルは解消します。タンク内に節水と称してペットボトルを入れる方がいますが、パーツのズレや破損を招くのでおすすめできません。
タンクとパイプの接合部分から水が漏れているなら、ナットの緩みを締め直すか、パッキンを新しく交換します。普及率が高まったウォシュレットも水が漏れやすい場所です。各パーツの接続部分やノズルなどが多く、ネジやパッキンの交換で修理できる場合もあります。ただし、電化製品で精密に構成されているので、素人判断はせず、業者に任せることをおすすめします。

■まとめ
トイレで水漏れが発生しても、水が漏れている箇所を特定し、原因が分かれば、対処する方法はあります。便器の中をチョロチョロ水が流れ続けているのか、便器の外側に漏れ出しているのかによって、水が漏れている箇所を大まかに判別できます。
もっとも多い原因がタンク内のパーツの不具合で、レンチやスパナがあればナットの緩みを締め直したり、パーツを交換したりすることが可能です。配管や便器本体のひび割れ、損傷の場合はトイレの交換を修理業者に依頼してください。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース